南向きが人気

厚木の戸建てではやっぱり南向きが人気

結婚や出産でライフステージが変わるとついにマイホームを購入しようかと検討される方も多いのではないでしょうか。所帯を持つということは責任のあることでもあります。家族の安全を守りながら、お子様には健やかに育っていってほしいと誰もが願うでしょう。

マイホーム購入はご家族の未来にも大きく関わってくるでしょう。例えば、厚木市内でも選ぶエリアによって学区がそれぞれ違います。そこでしか出会えない仲間もいるでしょう。家を買うということは未来にも繋がっているのです。

厚木には戸建て住宅が新築や中古などいろいろと販売されています。中古や建て売りの物件ですと家の中に入って細かい確認をしたりすることもできます。まず気になるのが日当りではないでしょうか。南向きに窓があるリビングはとても明るいです。

家族が集まるリビングは明るい方が良いという方も多いでしょう。自然の日の光は浴びていても気持ちが良いものです。多くの人に人気があり、一般的に南向きの物件は人気で相場も高くなります。では、南向き以外の戸建ては選んではいけないかというとそうでもないのです。最近の都心部では特に、戸建て住宅が密集している地域も多くあります。住宅密集地では南に大きな窓をつくっても、すぐ窓の外に家があるということも珍しいことではありません。

よほどの立地でなければほとんど難しいと言っても良いでしょう。大きな窓を作ったものの、外からの視線が気になってせっかくお天気が良くても、結局カーテンを閉めてしまうということになってしまう方もいるでしょう。実際に外から家の中が丸見えになっていると心配になってしまうこともあるものです。

都会では住宅の住宅の間隔も近いので、窓を開けて開放感を得るというのは意外と難しいことでもあります。そのため、南向きに特にこだわる必要はないとも言えるのです。側面の窓は視線が気にならない程度に大きさにとどめておいて、戸建てならではの天窓をつけるというのも一つの方法です。上からなので視線もきになりませんし、自然光で目覚めたいという方にもおすすめです。天窓は戸建てだからこそ楽しめるものではないでしょうか。

向きにこだわらなければ、同じ予算内でもっと広い家を購入できるかもしれませんし、南向きでなければならないという決まりはありません。人気の厚木エリアでも、採光に工夫を取り入れている住宅が販売されているので見学に行った時は気にして見てみると良いでしょう。”