中古ドメインの効果

中古ドメインの効果がリダイレクトで上がる?

ウェブサイトの開設をする際、そのドメインを新規で取得するか、中古ドメインを利用するか迷う事があると思います。

新規ドメインであればドメインネームは自由に決められますが上位表示までに時間がかかります。それと比べ当たりはずれはあるものの当たればSEO効果の高い中古ドメインは、ドメインネームが自サイトと会わない可能性があります。ドメインネームも自由に決められる中古ドメインがあればいいのですが、その表な中ドメインは存在しません。

しかし、301リダイレクトという方法を利用すれな、新規ドメインに中古ドメインの効果を移譲できるので、名前を自由に決めた新規のドメインに中古ドメインのもっているドメインパワーを足せることができます。

方法としてはまず中古ドメインを購入し、ペラサイトにそのドメインを適用します。この際、適用したドメインの効果を調べるため少し時間をおいてインデックスが増えるかの確認を行うのが良いでしょう。
次に新規でドメインを取得して運用したいサイトに適用します。その後301リダイレクトをして中古ドメインの効果を新規ドメインに移行します。これで301リダイレクトは完了です。

このように新規ドメインに中古ドメインの効果を移動できる良い事ずくめの301リダイレクトですが、好都合がいいと検索エンジンからペナルティーを受けるのではないかと考えるy方もいると思います。
しかしこの方法はサイトの移転を検索エンジンに知らせるための仕組みなので、一つの新規ドメインに何回も移転を繰り返したり新規ドメイン取得後すぐに移転するなどをした場合はペナルティを受ける可能性もありますので注意が必要です。

中古ドメインの取得については特別なことはなく、自前で探すか、ツール・業者を利用して探し、ブラックリストに掲載されていないか、インデックス数はどれくらいあってか、被リンク数の数とアンカーテキストについて等を確認するといった通常の中古ドメイン購入方法で問題ありません。

以前はページランクも重要視されていましたが、Googleがページランクの更新を発表しなくなったため、現在でページランクを気にする必要はありません。

301リダイレクトはSEO対策としてかなり優秀で早ければ1週間ほどで効果が現れることもあり、非常に便利で効果的な手段ですが、あまり頻繁にドメインの移譲をしていると検索エンジンのペナルティーを受けかねませんのそのあたりに注意して利用しましょう。