中古物件を選ぶ際の注意点

厚木で一戸建て中古物件を選ぶ際の注意点

厚木で一戸建て住宅を購入する際には、新築では高すぎることで中古物件を検討する人が増えていますが、新築とは異なる部分が多いため注意点も多くあります。地域によって注意しなければならないことが多いため、簡単にはリスクを判断できませんので、中古物件で多いトラブルやリスクについて把握することが大切です。中古物件には建物に関するリスクと土地に関するリスクがありますが、法律と関係も強いため購入には慎重さが必要です。

厚木で一戸建てを購入するには、厚木の不動産業者だけではなく情報サイトを活用しながら効率よく探す必要があります。契約前には不動産業者から重要事項説明がありますが、疑問点については自分から説明と求めることが大切です。本来であれば購入する意志に関わる重要な内容に関しては説明義務がありますが、中には都合の悪い部分の説明を行わない不動産業者もあります。他人のせいにせず自分で確認することが大切です。

建物に関するリスクでは見えない瑕疵の問題があります。いわゆる欠陥住宅などが該当しますが、リフォームにより表面上の新しさがあるためになかなか見抜けないケースも多いと言えます。新築では瑕疵担保責任がありますが、10年までとなっているため中古物件では対応することが難しくなります。住宅はメンテナンスの状況によって寿命が変わりますので、前所有者がどのようなメンテナンスをしていたか分からない物件が多いのも特徴です。もちろん厚木の物件でもリスクが無いとは言い切れないため慎重に選ぶことが大切です。

一般に条件の悪い物件ほど安く購入できますが、現地を見ただけでは専門家でなければ分からない部分があります。道路と宅地までの間が私道となっている場合もありますが、許可が得られずに新築や建て替えが困難となった事例もあります。また既存不適格建築物の場合には建て替えが困難となるケースもありますし、同じ規模では建てられないなど不適格の内容によって問題が発生します。

厚木で一戸建てを購入するには安さに魅力を感じて飛びついてしまうこともありますが、安い価格には安いなりの理由がります。建物にリスクがある場合もありますし、土地に法律的なリスクがあれば建て替えが困難となる場合もあるため、情報収集がポイントになります。私道については所有者の人柄も影響しますし許可が出るか確認も必要です。中古物件は安く購入できるメリットがありますが、リスクも多いため注意が必要です。”