リフォームの考察

厚木戸建てリフォームについての考察

厚木は東京都の郊外になります。

元々は緑が豊かで緑が多く、大自然の環境でした。しかしここは、新興住宅地として次第に栄えることになったのです。緑が豊かで子育てや老後に住むのに最適であり、非常に人気になった新興住宅地なのです。

郊外でありながら住所は東京都というところが非常に魅力的なのです。千葉や埼玉など東京近郊に住んでいた人にとっても、厚木市は非常に憧れのエリアなのです。なんといっても小田急線、京王線など一本で新宿などの都心にアクセスできるのが魅力的なのです。急行や快速を使えばわずか30分から40分程度で新宿に行けるので、サラリーマンの通勤や学生の通学にも非常に利便性が高いのです。

また小田急線は東京のなかでも人気の沿線であり、厚木に住めば優越感に浸ることができるのです。また厚木駅前自体も非常に都会的で賑やかなのです。小田急百貨店、東急百貨店をはじめとして、ジョルナ、丸井など大型百貨店や大型スーパーが軒を並べているのです。飲食店も非常に多く、新宿まで出なくても充分事足りてしまうのです。

また自治体や市が非常に教育熱心であり、子供の情操教育に非常に適した環境なのです。また身障者や母子家庭にも非常に優しい行政であり、社会的弱者でも不自由を感じず快適に生活することができるのです。

しかし東京都の郊外であるからと言って、決して地価や戸建てが安いわけではありません。駅前であると、新築戸建て住宅でも6000万円前後は必ずかかってくるのです。安く戸建て住宅に住みたいと考えるのであれば、リフォームを施し住むのも一つの手です。かつてバブル期には販売価格1億円から2億円が相場であった鶴川緑山住宅など非常にお勧めです。

かつて購入した人が60代以上と高齢期を迎え、戸建てを売却しマンションに引っ越す人が増えているのです。こうした戸建ては現在3000万円以下で中古物件として販売されているのです。こうした物件をリフォームして住むと非常に快適な生活を送ることができるのです。元々バブル期に億を誇った戸建てであるため設備は20年たった今でも良いものとなっているのです。

建具や建材が一般的な建売よりも高級仕様なので、あまり古さを感じないのです。リフォームは床やクロスを変える程度で、非常に効果夕刊溢れる戸建てに住むことができるようになるのです。こうしたリノベーションやリフォームは厚木に限らず様々な物件で見られます。UR物件や団地でもおしゃれなリノベーションがされ、スタイリッシュに住むことができるのです。”